沈黙は金なり

アラフィフサラリーマンの日々徒然日記です。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
02

【 スポンサーリンク 】

Apple payとNFCはどうなるのかな…


iPhone6から搭載されたNFCチップですが、Applewatchやらサイズ変更の話題に隠れて存在感が薄いようですね。


ちなみに公式の発表はこんな感じ。
この支払システムは指紋認証のTouch IDとNFC〔近距離無線通信〕テクノロジーを利用する。ユーザーは特に新たな手続きをしなくても、既存のiTunesアカウントに登録しているクレジットカードで支払いが可能となる。巨大な既存ユーザーを擁していることがモバイル支払参入にあたってAppleの最大の武器となるだろう。

具体的にはtouchIDとの連携がポイント。

ユーザーがホームボタンに指を乗せる内蔵されたTouchID機能が登録された指紋を認識し、NFCを通じて店舗のターミナルと通信して支払を行う。

とのことですが、発表以来NFCの話題が乏しい限りですよね。
まぁサービス開始は米国で10月から開始とのことですし、即座にNFC機能を利用できるアプリもない為、NFC搭載によるメリットを享受できている人はいないから仕方のないことではあります。



NFC搭載は他のガラケーやアンドロイドでは当たり前になっておりましたので、今更感はありますが、
ついにおサイフケータイ対応か?…とユーザーにとっては期待感が高まったのも事実。
しかし現実は私たち日本人が日常的に利用しているおサイフ機能とは少々違うようであります。

NFCにクレジットカードの情報を読み込ませ、指紋認証機能のタッチIDを連携させることで高いセキュリテイを実現したことが大きな革新といったところでしょうか。

ポイントはクレジット利用した場合にカード情報は店舗側に漏れることなく利用が可能になるということ…スキミングの被害を防ぐことができるってことですね。
海外旅行先とかで怪しいショップでカード利用って物凄く不安になりますけど、このシステムなら安心して利用できるようになるのかなあと感じます。
 


日本国内では正直どうでしょうか…
最近ではクレジットカード会社でも様々な対策が講じられておりますので、スキミングや第三者によるカード被害も減少しているのではないかなと思うんですよね。

私は楽天カードを日常使いにしておりますが、カード利用すると速攻で利用確認メールが届くようになっております。万が一他人が勝手に利用しようものならすぐ気づいてカード利用を止められます。
また、カード会社も怪しいカード利用に目を光らせておりますし、被害があっても早く利用者が気づけば被害を防ぐことができる体制も整いつつある状態といえるのではないでしょうか。


ネット上での犯罪も多種多様化しておりますので、セキュリティに念をいれることに越したことはありませんが、様々な対策が進んでいる現状ではスキミングやカード乗っ取り被害ってのは少なくとも日本国内に於いては減少していくんじゃないかなと…なんとなく思うのであります。

昔に比べ、ネット上の不正行為は足が付きやすくなっているよう感じますし、犯罪者側にとってもリスクが高い上にネット決済黎明期に比べ多くのリターンを得られる可能性は低くなっているんじゃないかなあという気がしなくもないです。

セキュリティシステムの改善も日進月歩。
個人のクレジットカード情報を抜き取る技術や知識があるなら最初っから真っ当なビジネスできますよね。


さておサイフケータイの分野ではフェリカ対応によりスイカやパスモなど普及している日本ですが、電子マネー立国かと思いきや実利用者数は意外にも少ないのが現実なのであります。

こちらのデータ見て見ますと日本はアメリカと比べ現金決済が依然として高いようですね。


カード社会のアメリカであればApplepayもかなりニーズのある土壌なんだろうなと思います。

しかし日本国内市場での普及する鍵となるのは、Suica、PASMOなどの交通系カードやnanaco、WAONなどの小売系カードで利用可能となることではないでしょうか。

現金決済が主流なのは国民性なのでしょう。小額のチャージ方式の方が日本人の感覚に合っているということなんでしょう。
私自身もSuicaだけは愛用しております。



世界各国の貨幣文化やインフラも多種多様なので、グローバルモデルの携帯端末でこれ以上の統一したおサイフケータイモデルの構築はここら辺が限界であるのではないかと、私個人的には思います。

インフラが独自且つ、優れた日本でさえ電子マネーを利用しているのは少数派なのですからね。

まだ日本ではサービスが始まっていないApplepayですが、日本市場でどのような評価を受けるのか注目して行きたいと思います。

しかし…iPhoneがFeliCaに対応になればかなり面白いのにな…
と考えるのは私だけではないでしょう。

昨年はiPhone5cでのカラーバリエーション増加。今年は大幅なサイズ変更、と故ステーィブジョブズ体制ではありえなかったような展開が近年は見られることから、案外来年の6Sシリーズではあっさりフェリカ搭載されちゃったりするかもしれませんね。
それはそれでワクワクする様なサプライズだと思うんですが…

iPhone6発売したばっかでこんな妄想してたら鬼が笑うってなもんですね!

それではまた!
関連記事


【 スポンサーリンク 】


Comments

Leave a Comment


Body
プロフィール

うつ中年

Author:うつ中年
野球、iPhone、ラーメン、子育てetc日々の思いを語るブログです。月2万円の小遣いをカミさんから貰わなくてもよくなる日を夢見て立ち上げました。どうぞよろしくお願いします。

他にも運営しているサイト

★雄弁は銀なり★
 
最近書いた記事
Twitter
お客様
ご来場ありがとうございます。
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブログランキング