沈黙は金なり

アラフィフサラリーマンの日々徒然日記です。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
02

【 スポンサーリンク 】

天王山の戦い

優勝に向けた天王山の戦い…

毎年ペナントレース終盤によく耳にする言葉ですが改めて勉強の為調べてみました。


場所は京都のこちら!



天王山とは、スポーツにおける対戦カードが、重要な局面であったり、勝ったほうのチームが優勝を決めるなど、影響の大きい試合を指す言葉である。主に、首位のチームと2位のチームの直接対決時などに使われることが多い。

1582年に起こった、織田信長亡き後の天下獲り決戦である山崎の合戦は、天王山での明智光秀軍との戦いが発端になっており、実際に天王山での戦いを手中に納めた羽柴秀吉が明智光秀を破って天下を獲ったことから、スポーツの試合での重要な局面で「天王山」という言葉が使われるようになったといわれている。






淀川の分岐点であり、古来から水陸交通の要地だった場所なんですね。

ここを制すれば天下を制する…そういう場所だったのでありますね。

豊臣秀吉と明智光秀の山崎の合戦が有名ですが、他にも南北朝時代、応仁の戦乱でも城が築かれたり、幕末の禁門の変、鳥羽伏見の戦いにおいても重要な場所であったとのこと。

ちなみに天王山…てんのうざん、てんのうやま

と読む山は日本全国になんと8箇所もありました…

天王山多過ぎ!
…日本人って天王山が好きなんですね。
関連記事


【 スポンサーリンク 】


Comments

Leave a Comment


Body
プロフィール

うつ中年

Author:うつ中年
野球、iPhone、ラーメン、子育てetc日々の思いを語るブログです。月2万円の小遣いをカミさんから貰わなくてもよくなる日を夢見て立ち上げました。どうぞよろしくお願いします。

他にも運営しているサイト

★雄弁は銀なり★
 
最近書いた記事
Twitter
お客様
ご来場ありがとうございます。
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブログランキング