沈黙は金なり

アラフィフサラリーマンの日々徒然日記です。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
02

【 スポンサーリンク 】

1979年 野球殿堂

別所 毅彦
通算310勝を挙げた南海、巨人の豪腕エース

■ 顕彰文
滝川中学の剛球投手で有名。昭和17年秋プロ球団南海に入団したが、戦後大いにその天分を伸ばし、一リーグ時の南海再度の優勝の立役者となる。24年巨人に入団後ますます技倆円熟し、長年に亘り投手陣の主軸となって健闘。スタルヒンの生涯記録を抜いて通算310勝の大記録を樹立した。現役引退後もコーチ、監督を歴任し後進の育成、指導に献身した。






平沼 亮三
『アマスポーツの父』と尊敬された慶大OB

■ 顕彰文
明治、大正、昭和を通じ、スポーツの育成に熱情を注ぎ、各種球技団体の会長を歴任し、広く「アマチュアスポーツの父」と尊敬された。 明治25年慶応義塾野球部創設時の初代幹事をつとめ、又三塁手として活躍。同大学野球部の長い伝統の基礎を作った。 昭和7年から東京六大学野球連盟第二代会長となり、非常時下における学生野球の運営に尽すいした。






谷口 五郎
早大に黄金時代を築いた大正時代の好投手

■ 顕彰文
大正9年秋早稲田大学に入学。飛田監督の指導を受けて、心技とも格段の進境をとげ、球界屈指の大投手となって同大学野球部の黄金時代を築いた。三田・稲門戦では三田の名投手小野との一騎討で数々の名勝負を生み、球史に不朽の一頁を残した。卒業後は大連実業団の柱石となって長く満州球界に貢献。戦後には社会人野球やプロ球界で後進の指導につとめた。
関連記事


【 スポンサーリンク 】


Comments

Leave a Comment


Body
プロフィール

うつ中年

Author:うつ中年
野球、iPhone、ラーメン、子育てetc日々の思いを語るブログです。月2万円の小遣いをカミさんから貰わなくてもよくなる日を夢見て立ち上げました。どうぞよろしくお願いします。

他にも運営しているサイト

★雄弁は銀なり★
 
最近書いた記事
Twitter
お客様
ご来場ありがとうございます。
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブログランキング