沈黙は金なり

アラフィフサラリーマンの日々徒然日記です。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
02

【 スポンサーリンク 】

1978年 野球殿堂

松木 謙治郎
不屈の闘志でタイガースの黄金時代を築く

■ 顕彰文
敦賀商業から明治大学に進み、不断の練習と不屈の闘志で六大学リーグ屈指の強打者となった。大連実業団を経て昭和11年大阪タイガースの結成に参加。主将、一塁手、先頭打者としてチームの主動力となり「打倒沢村」の宿願を果して、昭和12、13年度の黄金時代を築いた。戦後には阪神、大映、東映等の監督を歴任。親分肌の人柄と卓越した指導力は選手の信望を集め、多くの俊英を育てて球界に貢献した。






浜崎 真二
48歳になっても登板した“小さな大投手”

■ 顕彰文
神戸商業、慶応大学、満州クラブを通じて、常に投打の主軸となって活躍を続けた。特に昭和2年秋の早慶戦完封勝利。41才で満倶のエースをつとめて全国制覇した昭和16年の神宮大会などの好投は有名で、身長150センチの小躯ながら小気味よい切味で、長年球界の桧舞台に君臨した名投手である。戦後、阪急、高橋、国鉄等プロ球団の監督を勤め、引退後は評論家として率直な批評や苦言を呈して「球界のご意見番」と評価された。






伊丹 安広
戦時下の学生野球存続に尽くした早大の名捕手

■ 顕彰文
佐賀中学から早稲田大学に進み、攻守兼備の名捕手とうたわれ、卒業後も東京クラブ、六大学の審判等で活躍した。昭和15年から母校早大の監督となり、戦時下の学生野球存続に尽し、戦後には学生野球・社会人野球の振興につとめた後、明治神宮外苑長として多くの困難と障害を克服して、野球場をはじめスポーツ施設の改修拡充を行って、学生野球、プロ野球の共存共栄を実現したほか、野球界全体の発展に著しい功績をのこした。






吉原 正喜
沢村、スタルヒンの女房役を担った強肩捕手

■ 顕彰文
熊本工業の捕手で主将をつとめ、甲子園の全国大会や秋の神宮大会で輝かしい成績を残した。昭和13年巨人軍に加入。直ちに正捕手に抜擢されて、スタルヒン、沢村らの女房役をつとめ、弱冠ながら能くその責を果した。強肩・俊足・攻守に勝れ、特に闘志あふれるプレーはチームを引締め、ファンの人気を集めた。前後4年の活躍であったが、その間しばしば最高殊勲選手にも選ばれ、創成期のプロ野球で忘れがたい名捕手である。






岡田 源三郎
全ポジションを守った明大の万能プレーヤー

■ 顕彰文
少年時代からスポーツ競技に秀で、明治大学では捕手を始め全守備位置をこなす天才ぶりを発揮した。大正12年同大学の監督となり、独特の養成法で多くの名選手を育成して黄金時代を築いた。金鯱軍の初代監督としてプロ野球にも参与したが、大正・昭和を通じ、野球技術の指導に熱情を傾け、コーチとしての足跡は殆んど日本全土に及んだ。81才の全生涯を野球一筋に生き、斯界の発展向上に貢献した。
関連記事


【 スポンサーリンク 】


Comments

Leave a Comment


Body
プロフィール

うつ中年

Author:うつ中年
野球、iPhone、ラーメン、子育てetc日々の思いを語るブログです。月2万円の小遣いをカミさんから貰わなくてもよくなる日を夢見て立ち上げました。どうぞよろしくお願いします。

他にも運営しているサイト

★雄弁は銀なり★
 
最近書いた記事
Twitter
お客様
ご来場ありがとうございます。
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブログランキング