沈黙は金なり

アラフィフサラリーマンの日々徒然日記です。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
02

【 スポンサーリンク 】

落合博満講演会2012レポートその4

2012年5月某日。
講演の詳細をレポート致します。
尚、メモと記憶を頼りに作成しておりますので、私なりにかなりのアレンジを加えており、完全に一字一句を再現したものではないことをご理解下さい。




まあ、失踪していた話に戻るけどさ…大学の寮から失踪して2〜3週間。
日比谷公園とか上野公園で転々と寝泊まりしてたんだけどね、高校卒業の記念に親父が買ってくれた腕時計まで質屋に入れてしまっててさ。気が付いたら財布には5円しかなかった。

5円じゃ電話もかけらんないし…どうしようかなって思ってさ、どこ行けばいいかもわかんなかったんだけども、線路沿いに歩いて行けば駅には着くだろうって思いついてね、駅に着けば交番がある。

よしっ!行こうって歩いて行ったら品川の駅に着いた。
そこで交番に行ってお巡りさんに「お金無いんで電話貸して下さい。」って言って電話借りた。

実家に電話したらとりあえず大井町あたりだっけかな…そこまで来いってなって…交番で電車賃だけ貸してもらって行ったよ。

行ってみたら兄貴がいてさ、「お前何やってんだ!お前がいなくなったって聞いたから秋田から出て来て、これから警察に捜索願だそうとしてたんだぞ!」だって。

「まあ見つかったから捜索願出さなくてよかったわ。」って怒りもしなかったな…まあいざ無事を確認するとホッとして怒れなかったんでしょうね。そりゃかなり怒られるんだろうと思ってたんですけどね…

結局そん時は兄貴にお金借りて、そこからしばらくは東京にいて、お盆位に姉が帰省するとかなんとかの時に一緒に秋田に帰って来たって分けです。



そこからボーリングやりだして…東芝府中に入るって話につながりますからね…
脱線しちゃってすいません。(笑)


さて東芝府中に期間工で紹介されて入った。
とにかく「3ヶ月は腹が痛かろうが何だろうが、一日たりとも休むな!そうすれば正社員にしてもらえるからな!」
って言われたんで、「ハイ、わかりました。」ってことで休まず会社出てたら正社員にしてもらいました。


当時、野球やるつもりなんて全く無かったんです。
当時の東芝府中の野球部はクラブチームに毛が生えたようなもんだった。

朝の8時10分から夕方5時まで仕事して、その後1〜2時間野球の練習ちょっとやって…そんな感じでしたね。
最初はグラウンドも野球できるような所じゃなかったんで、リヤカーで土やら砂やら運んで来てトンボかける作業からです。おかげでトンボかけるのはもの凄く上手になりましたよ。


ドアラの整備

最近の若い選手はトンボのかけ方も知らない選手が多くなりましたね。トンボを自分でかけるとね、グラウンドの状態がよくわかるんです。どの位滑りやすいか、どの位ボールが転がるのか…そういう事も常に考えて野球するようになるもんなんですよ。

最近は野球界に関わらず全てが効率化されて行ってるね。グラウンド整備は専用の車なんかできちゃったりしてさ…
便利なのは悪いとは言わない…けどアナログなことから得られる知識や経験がたくさんあるのに、今の選手にはその機会が無いんだよね。それは本当にもったいないことなんだよ。そんなこと教えようたって今じゃ教えらんないよね。


オレ人にものを教えるのは得意かどうかって言われると苦手なんです。
人から教わるのも苦手。
指導者でよく間違ってると思うのは
「オレがこうやってきて成功したから同じ様にすればお前もできるようになる!」
って人ね。

人それぞれ持ってる素質は違うんだからさ、同じ様に言われた事やったからって同じ結果になる訳ないじゃん。
でも、できなかったら、
「オレの言う通りにしないからだ!」って言うんですよね。

選手、人を指導して一人前に作り上げることって難しいですよ。
一番簡単なのは、24時間一人に付きっきりでずーっと指導し続けること。でもなかなかそんなことできっこないんです。
野球界ではそれができたのは王貞治さんと荒川さんだけなんじゃないかな…


物事を教えるにはね、まず頭で理解して覚えるのが先か…体に練習で刻み込んで覚えるのが先か…どちらかしかないんですよね。どっちがいいのか…私は今だによくわかりません。

有名なコーチ、監督、先輩方に言わせれば、「体で覚えるのが先だ!」とか「こうすれば絶対勝てるチームになる!」
とか言う人がいるんですけどね…
私は今だに絶対に勝つ方法や確実に選手を育成する方法なんてわかりませんけどね。


まあ自信持ってそんなこと言う人に限って数字見てみるとたいした成績残してないんです…誰とは言いませんがね…(笑)

教えることと教わることの難しさってのがあって、今だに答えは出ません。きっと永遠のテーマなんでしょうけどね、そんな私が中日の監督になっちゃったんですよ…

選手からは「なんて呼べばいいですか?」て聞かれたけどさ、
「好きな様に呼んでいいよ。」って言ってやりました。皆、監督とか落合さんとか色々ですけどね。

監督とか社長って言葉は便利ですからね、間違ってても悪い気はあんまりしないでしょ。
工事現場の責任者だって監督だし、社員一人でも社長は社長。

ちなみに家のカミさんも社長。

うちのカミさんと言えばさ…



その5へ続く…


※内容は録音されたものではありません。会場内での録音は禁止です。
私の記憶とメモを頼りに、講演者の言葉風にアレンジして作成したものですので一部文脈に不自然な点もあるかもしれませんが、ご了承下さい。
関連記事


【 スポンサーリンク 】


Comments

Leave a Comment


Body
プロフィール

うつ中年

Author:うつ中年
野球、iPhone、ラーメン、子育てetc日々の思いを語るブログです。月2万円の小遣いをカミさんから貰わなくてもよくなる日を夢見て立ち上げました。どうぞよろしくお願いします。

他にも運営しているサイト

★雄弁は銀なり★
 
最近書いた記事
Twitter
お客様
ご来場ありがとうございます。
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブログランキング