沈黙は金なり

アラフォーサラリーマンがブログでまったり小遣い稼ぎを始めました。野球、iPhone、ラーメン、ロック、など日々語っておりますので、どうぞ気楽にお楽しみ下さい。

 
13
15
17
25
26
27
28
03

【 スポンサーリンク 】

2012年 野球殿堂

北別府 学
広島3度の日本一に貢献

■ 顕彰文
’76年に都城農業からドラフト1位で広島に入団。3年目に10勝をあげ、以来エースとして11年連続二桁勝利をあげる。チームが初の日本一となった’79年は、チーム最多の17勝。’82年に開幕から11連勝、初の20勝をあげ最多勝を獲得、沢村賞にも選ばれる。’86年には最多勝、最優秀防御率、MVPを獲得し、チームのリーグ優勝に貢献、2度目の沢村賞を獲得する。抜群の制球力で、球団初の200勝投手となり、引退後は広島で投手コーチを務めた。













津田 恒実
速球を武器に“炎のストッパー”と呼ばれた

■ 顕彰文
南陽工業から協和発酵を経て’82年にドラフト1位で広島に入団。1年目から19試合に先発し、11勝6敗で新人王を獲得。肩の故障から復活後’86年にリリーフに転向、4勝22セーブでカムバック賞を受賞。’89年には12勝28セーブで最優秀救援投手のタイトルを獲得した。オールスターにも5回出場、10回1/3を投げ失点0、12奪三振を記録。攻めに徹した投球は、“炎のストッパー”と呼ばれた。’93年7月、脳腫瘍のため32歳の若さで帰らぬ人となった。










長船 騏郎
全日本アマチュア野球連盟の結成に貢献

■ 顕彰文
長年にわたり日本学生野球協会の運営に携わり、全日本大学野球選手権大会、明治神宮野球大会、日米大学野球大会などの開催を手掛けた。学生と社会人による全日本アマチュア野球連盟の結成に貢献し、のちに会長に就任した。また、日本野球界全体の発展を考え、プロ野球との交流を広げるため全日本野球会議の設立にも尽力、プロ野球選手のオリンピック出場の道を拓いた。シドニーオリンピックで、プロ・アマ合同チームを実現し、続くアテネでは野球日本代表チームを派遣する編成委員会委員長を務めた。











大本 修
「アオダモ資源育成の会」を設立

■ 顕彰文
高校野球で金属バットが導入されると、その安全基準を定めるなど、製品安全協会の安全管理委員会委員長として、認定基準の審議に尽力。また、プロ野球コミッショナーからの要請により木製バット折損事故防止を研究する「バット問題諮問委員会」の委員長を務め、バット安全問題の権威として野球界に貢献した。さらに、バット材として貴重なアオダモを守るため「アオダモ資源育成の会」を発案。プロ、アマチュアを問わず野球界全体が賛同し、アオダモの植樹が続けられている。


【 スポンサーリンク 】


関連記事
プロフィール

うつ中年

Author:うつ中年
野球、iPhone、ラーメン、子育てetc日々の思いを語るブログです。月3万円の小遣いをカミさんから貰わなくてもよくなる日を夢見て立ち上げました。どうぞよろしくお願いします。

他にも運営しているサイト

★雄弁は銀なり★
★うつ中年の惜別野球人★
yt-brand-standard-logo-95x40.png
★うつ中年のYouTube★
最近書いた記事
Twitter
お客様
ご来場ありがとうございます。
 
 
 
リンク
 
 
 
 
スポンサーリンク