沈黙は金なり

アラフォーサラリーマンがブログでまったり小遣い稼ぎを始めました。野球、iPhone、ラーメン、ロック、など日々語っておりますので、どうぞ気楽にお楽しみ下さい。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

【 スポンサーリンク 】

稲尾和久 20連勝の神様仏様

楽天の田中将大投手がシーズン開幕から16連勝の新記録を達成。シーズンをまたいで20連勝はプロ野球タイ記録。

そのタイ記録20連勝を1シーズン内で記録した方がこの人、神様、仏様と称された
稲尾和久様なのです。

西鉄ライオンズで活躍した伝説の投手のひとりですが、シーズン20連勝以外にも伝説の数々を取り上げてみますと…

•新人で21勝達成し、シーズン防御率1.06のパリーグ記録!

•1シーズン最多42勝!

•史上唯一の3年連続30勝以上!

•プロ入り8年連続20勝以上!

•月間最多11勝!

などなど…
正に鉄腕の名にふさわしい活躍を見せた投手なのであります。現在のプロ野球では今後絶対あり得ないであろうとてつもない記録の数々です。

42勝を上げた1961年はシーズン78試合に登板。404イニングというあり得ないような酷使ぶりでした。

連投の酷使がたたり、実働14年、31歳の若さで引退し、翌年、最年少で監督に就任したのでありますが通算276勝137敗、防御率1.98。西鉄ライオンズのエースとして酷使されながらもこの成績は素晴らしいですね。

シュートとスライダー、そして抜群のコントロールが武器でありながら、頭脳的なピッチングを展開した稲尾投手は様々な名対決を見せてくれました。

天才打者榎本喜八との対決。

野村克也との腹の探り合い。

日本シリーズ王貞治の攻略。

などですかね。
得意ボールで打ち取ることを前提にしたピッチングの組み立てる
「逆算のピッチング」は今でこそ当たり前ですが、この稲尾投手の代名詞として語られております。

ところで、打者の観察眼にも優れていたそうですが、稲尾さんが
唯一わからない打者がいたそうです。
何の球種なのか、どこのコースなのか、狙いがサッパリわからない…めちゃくちゃな打ち方でチョコンとアウトコースをヒットにしたかと思えば、インコースを思いっきり開いて長打を喰らったり…
理解不能な打者、どんな理論もセオリーもあてはまらない…そうあの人です。
ミスター長嶋茂雄さんです。
稲尾さんは長嶋攻略の為に、投げるギリギリまで動きを観察してリリースの直前で球種を決めるというノーサイン投法を駆使して打ち取っていたそうです。こんな痺れるような対決、リアルタイムで見てみたかったですね。

稲尾さんが投げている現存する動画はほとんど無いので、当時のプレーを見れないのが残念でなりません。


7022438.jpg

とても人懐こい笑顔の方で皆に好かれたお人柄とのこと。2007年、70歳にしてお亡くなりになりました。
落合博満さんはじめ球界にも数多くのファンや信奉者がいるという人間的にも素晴らしい人だったそうです。
今となってはそのお話も聞く事ができないのは寂しいですね。
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村

野球理論 ブログランキングへ

【 スポンサーリンク 】


プロフィール

うつ中年

Author:うつ中年
野球、iPhone、ラーメン、子育てetc日々の思いを語るブログです。月3万円の小遣いをカミさんから貰わなくてもよくなる日を夢見て立ち上げました。どうぞよろしくお願いします。

他にも運営しているサイト

★雄弁は銀なり★
★うつ中年の惜別野球人★
yt-brand-standard-logo-95x40.png
★うつ中年のYouTube★
最近書いた記事
Twitter
お客様
ご来場ありがとうございます。
 
 
 
リンク
 
 
 
 
スポンサーリンク